THE LAST OF US

スポンサーリンク
Part I

パンデミック後の日常生活(通貨編):「The Last of Us」

パンデミック後の通貨 衣食住を扱った前回の記事に続いて、今回はパンデミック後の日常生活における通貨について考察していきます。 通貨 現代社会を生きる上で通貨の概念は必要不可欠ですが、ポストアポカリプスやサバイ...
Part I

パンデミック後の日常生活(衣食住編):「The Last of Us」

パンデミック後の世界で日常生活を送っているのか ゲームに限らず、ポストアポカリプスやサバイバルをテーマにした作品において主人公が陥るのが物資不足です。しかし、The Last of Usはジョエルとエリーの行動範囲だけではなく作品を...
Part I

ジョエルとトミー。パンデミック後の20年間は何をしていたのか?:「The Last of Us」

ジョエルとトミーが再会するまでの20年間 The Last of Usはパンデミックが発生した2013年の20年後、2033年の夏から2034年の春にかけての物語です。作中ではパンデミック発生時にジョエルとトミーがテキサスにいたこと...
THE LAST OF US

ロケーションから見るストーリーの流れ:「The Last of Us Left Behind ‐残されたもの‐」

「The Last of Us Left Behind ‐残されたもの‐」のロケーション 「The Last of Us」のDLCとしてリリースされた「Left behind ‐残されたもの‐」は、本編の前日譚となるジョエルと出会う...
アンチャーテッド

英語版タイトルと日本語版タイトルの違い:「アンチャーテッド」「The Last of Us」

直訳ではない日本語版のタイトル アンチャーテッドシリーズとThe Last of Usはソニーの子会社でアメリカに拠点を置く開発会社であるノーティドッグが制作し、日本で販売される日本語版はSIE JAPANスタジオがローカライズを行...
Part I

電気が通ったトミーの街。軍に接収されないのか?:「The Last of Us」

電気が通ったトミーの街 ジョエルとエリーが探していたトミーは妻のマリアとともにコミュニティを作っていて、水力発電所を復旧させることに成功しました。5年後の「The Last of us Part II」ではジョエルとエリーが...
Part I

様々な解釈ができるエンディング。「わかった」の真意とは:「The Last of Us」

印象的なエンディング ジョエルとエリーの二人旅を描く「The Last of Us」は、エリーをファイアフライに引き渡すという旅の目的を完遂することなく、ジョエルの判断でエリーとともに聖マリー病院を後にして終わりを迎えます。 ...
Part I

エリーは自分が犠牲になることを分かっていたのか?:「The Last of Us」

ワクチンを作るための犠牲 ラストオブアスの最終チャプターは、寄生菌に対する免疫を持っているエリーを犠牲にしないとワクチンが開発できないことをマーリーンに聞かされたジョエルが、ファイアフライからエリーを救出するという流れです。 ...
THE LAST OF US

発売前公式情報まとめ(2020年6月06日現在):「The Last of Us Part II」

The Last of Us Part IIは、2016年12月のPlaystation Experienceで発表されました。2016年から現在に至るまでの公式情報をまとめます。 ・2020年6月06日追記:2020年6月...
Part I

ロケーションから見るストーリーの流れ:「The Last of Us」

The Last of Usのロケーション The Last of Usはアンチャーテッドシリーズと異なり、チャプター区切りとしてストーリーが進むのではなく季節を区切りとしてストーリーが進行します。四つの季節にプロローグとエピローグ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました