マルチプレイとストーリーモードの共通のセリフ:「海賊王と最後の秘宝」

海賊王と最後の秘宝

今回の投稿は「Common Voice lines/Quotes with story mode(ストーリーと共通のセリフ)」です。アンチャーテッド4マルチプレイヤーにはキャラクター一人当たり200前後のセリフがありますが、その中からストーリーモードより引用されたセリフをまとめました。

Uncharted 4 Multiplayer – Common Voice lines/Quotes with story mode

アンチャーテッドシリーズから生み出されたマルチプレイのセリフ

過去作をよく研究して作られていることが分かり、ストーリーのファンをマルチプレイに取り込もうという意図があったと想像できます。

シリーズファンにとってはうれしいサービスで、ネイトの“Payback’s a *****.”やクロエの“Desperate times, right?”など一字一句違わずに引用されているセリフから、サリームの“The enemy of my enemy, huh?”などストーリーのセリフから一部を引用してマルチプレイ向けのセリフにしたものを集めました。

ストーリーと同じセリフが用意されているのは英語音声が多い

残念ながらストーリーと同じセリフが用意されているのは英語音声が多くなっていて、日本語音声の場合、英語音声ではストーリーと同じ内容になっているセリフでも日本語音声ではストーリーとは若干異なる日本語訳になっている場合が多いです。

例えば、「エル・ドラドの秘宝」でローマンがエディをクビにしたあとのナヴァロとの会話で言った“You get what you pay for I suppose.(安く雇ったのなら致し方ないか)”というセリフは英語音声だけでなく日本語音声でもストーリーと同じように再現されていますが、「黄金刀と消えた船団」のボルネオでラザレビッチが発掘物を横領しようとした部下を処分したときに言う“I am surrounded by traitors and fools.(私の周りは裏切り者と馬鹿ばかりだ)”というセリフは英語音声ではマルチプレイにそのまま引用されているのに対し日本語音声のマルチプレイでは「ここまで使えない馬鹿しかいなかったとは」となっていて、ストーリーモードとは異なる翻訳です。

その一方で、ストーリーモードの英語音声で“You have given me so much trouble.(さんざんトラブルを起こしてくれたな)”というラムセスのセリフはマルチプレイで“You have given me so much problem.”troubleproblemに改変されているのに対し、日本語音声はストーリーモードと全く同じ「さんざんトラブルを起こしてくれたな」と訳されていたりします。とはいえ、残念ながら日本語音声ではストーリーと全く同じセリフは多くありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました